看板製作を考えている方は必ずチェックした方が良い!看板製作のよくある疑問を解決

こちらのサイトは、看板製作における良くある疑問を解決できるコンテンツを用意しています。
現在制作を検討しているけれども何から始めれば良いのか分からない、依頼先は色々あるけれども何を基準に決めれば良いのか分からない人は多いといえます。
ここでは、製作におけるスケジュールは自分たちの都合で調整することができるのか、見積りの依頼だけなら費用が掛からないのか、様々な気になることを解決できるコンテンツ構成になっているので参考にされることをおすすめします。

看板製作を考えている方は必ずチェックした方が良い!看板製作のよくある疑問を解決

看板製作は、専門の会社に依頼することで様々な疑問をその都度解決しながら自社もしくはお店に最適な看板製作を実現してくれます。
専門の会社の多くは、ホームページに看板製作事例が掲載されているので、それを見ることで実績の多さやでデザインの傾向、どのような分野に強いのか看板にはどのような種類があるのか、様々な疑問を事例を通じて解決することもできます。
また、事例はアイディアの宝庫でもあり自分たちが描いていたイメージとは違った看板に出会う場所といっても過言ではありません。

看板製作にかかる時間はどれくらい?

専門会社に看板製作の依頼をした場合の、完成までの期間の目安は依頼内容に酔って様々です。
文字だけの看板であれば1日から4日程度で完成します。
イラストやロゴも加える場合には、1週間から2週間程度の期間が必要です。
予約が集中する繁忙期は、先に予約をした人の制作を優先するのでタイミング次第で感性が遅くなるケースもあります。
お店の新規オープンまで間もなく、急ぎで看板製作をしたい人は、事前の準備を済ませておくことが大切です。
一般的に看板製作は、依頼者からの情報を基にデザイナーがデザインを決めて確認をします。
依頼者への確認で問題が無ければ製作という流れが基本です。
予めデザインや仕様を決めておけば、依頼してすぐに作業に取り掛かれるので、納期を短くできます。
効率良く依頼を裁くために、複雑なデザインで時間が掛かる依頼は後回しにする会社も少なくありません。
数日程度で完成するシンプルな看板デザインは順番を飛ばして先に作業してもらえることもあります。

看板製作の料金はどのようにして決まるのか?

看板製作を外注する際の料金は、デザイン料・本体製作費・取り付け費の3種類で構成されています。
デザイン料は、看板製作にあたって自身でデザインデータを作成する場合は発生しませんが、データを作り変える際に費用が発生するケースがあるので注意が必要です。
また、デザイン料はデザインの内容によって大きく変動します。
文字やロゴだけで構成されたシンプルな看板であれば数千円ほどで依頼できますが、オリジナルのロゴやマークを制作するなど凝ったデザインを依頼する場合は数万円以上かかるのが一般的です。
本体製作費は、看板の大きさや素材によって変わってきます。
サイズについては当然ながら大きくなるほど価格は高くなります。
素材については木材よりもアルミなどの金属の方が高くなるのが一般的です。
取り付け費は、作業人数や設置場所で変動します。
例えば、大きな看板を設置するには複数人の作業員が必要なので取り付け費は高くなりますし、高い場所に設置するには特別な機材が必要になるのでその分費用は高くなります。

看板製作で可能な最大サイズはどれくらい?

看板製作が可能なサイズは建築物の限界と同じです。
ある種の巨大建造物も宣伝のために作られ、万里の長城は他国への牽制と自国の強大さをアピールして畏怖させる目的があったと言われているぐらいです。
衛星から確認しても分かる巨大建造物なので、確かに権威を示す目的としては絶大な効果があったと思われます。
現実に看板を大きくすると重量の問題だけではなく、構造的な負担や風で飛ばされるなどの問題もあるのです。
現在の日本にやってくる台風は、強力なものでは風速50~70メートルの最大瞬間風速になります。
ニュースなどで巨大看板が紙のように飛んでいく光景を目にした人も多いはずです。
つまり大きな看板はそれだけでリスクになります。
最大サイズは現代の日本では、災害時に他者に迷惑のかからないサイズです。
看板製作時にはプロに任せます。
大きな看板ばかりがプロモーション方法ではなく、社風や接客などの基本方針こそがその企業の最大の看板なのです。

使う色が増えたりデザインが複雑になると看板製作の費用は高くなる?

看板製作はデザインの中に目的を入れることで、注目をして誘導する宣伝効果が求められます。
矢印とお店のロゴマークを使ったシンプルな案内掲示板や、銭湯のマークと名前でお風呂をイメージさせるなど、1秒でそのお店のことを分かってもらえるようにデザインを行うのです。
アイデアと技術を熟練のノウハウで一枚の看板にするのが、看板屋の真骨頂でした。
現在はテンプレートでそうした情報がまとめられており、パソコン上で処理はすべて完了します。
ラッピングと言う手法で大型シートに転写を行い、現地でシートを張りつければ施工終了です。
簡単で費用も安く見栄えもするので、昔ながらの職人気質の製作方法は減ってきました。
工場でプラン通りに成形し補強し塗装して仕上げる方法もあります。
時間とお金はかかりますが、自由度の高い意匠を作ることが魅力の製作方法です。
看板製作は前述したように分かりやすく親切であり、派手である必要ありませんが目立たなくてはいけません。

看板製作に関する情報サイト
看板製作の疑問

こちらのサイトは、看板製作における良くある疑問を解決できるコンテンツを用意しています。現在制作を検討しているけれども何から始めれば良いのか分からない、依頼先は色々あるけれども何を基準に決めれば良いのか分からない人は多いといえます。ここでは、製作におけるスケジュールは自分たちの都合で調整することができるのか、見積りの依頼だけなら費用が掛からないのか、様々な気になることを解決できるコンテンツ構成になっているので参考にされることをおすすめします。

Search